スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国学力テスト、7割が参加=抽出調査に移行-文科省(時事通信)

 小学6年と中学3年を対象に行う文部科学省の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)が20日、一斉に行われた。同省が抽出した国公私立9979校と、自主参加する1万3896校を合わせた2万3875校の約162万5000人が対象で、参加率は73.5%となった。
 学力テストは2007年、43年ぶりに復活し、これまでの3回は全員参加方式で行った。昨年の政権交代と事業仕分けにより、今回から約3割の学校を抽出する方式に代わったが、国公立では自主参加が多く、参加率はそれぞれ約80%と約75%に達した。一方、私立は昨年の約50%から24%に半減した。 

【関連ニュース】
20日に全国学力テスト=事業仕分けで抽出調査に
学力テスト162万人参加へ=全公立校、13県で
職業大学校、4年制廃止へ=敷地売却、付属校に移転
大学入試センター、民営化を検討=研究開発独法は整理統合
JR不採用問題が決着=4党解決策受け入れ

「キセル」2年半 車掌を懲戒解雇(産経新聞)
<党首討論>鳩山首相、普天間移設で混迷ぶり露呈(毎日新聞)
<天窓事故>小学校長と教諭に罰金命令…東京簡裁(毎日新聞)
ジオス破産申請、受講生ぼう然・講師も戸惑い(読売新聞)
<火山噴火>噴煙拡大、鮮明に 日本の衛星が観測(毎日新聞)

首相動静(4月17日)(時事通信)

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。(了)

新型スカイライナー 走行試験が本格化 成田と都心結ぶ(毎日新聞)
<東北新幹線>緊急ブレーキ作動で一時運転中止 7千人影響(毎日新聞)
タイ邦人カメラマン 無言の帰国 妻「言葉にできぬ悲しみ」(産経新聞)
<赤松農相>野菜出荷前倒し、生産者に要請へ(毎日新聞)
「概算要求で個別提言できれば望ましい」―民主・介護議連会長(医療介護CBニュース)

関大 「堺キャンパス」開校(産経新聞)

 関西大学の「堺キャンパス」が堺市堺区香ケ丘町に開校し、16日、記念式典と新築校舎建築の地鎮祭が行われた。新キャンパスには、スポーツや福祉をテーマに人間の健康について研究する人間健康学部を設置。すでに、5日から約360人の学生が通学している。

 新キャンパスは、今年3月に閉校した堺市立商業高校の跡地に開校。既存の施設を活用した上で、新たに、食堂や図書館を含む延べ約4千平方メートルの3階建て校舎を建てる。

 人間健康学部には、生涯スポーツの指導者育成を目指す「スポーツと健康コース」などがあり、人間が健康で長生きするための研究を行う。地元自治体との連携も積極的に実施される計画で、小中学校への大学教員の派遣や、市民向けの公開講座の開催などが予定されている。

 記念式典と地鎮祭には、楠見晴重学長らが出席し開校を祝った。

貧困ビジネス封じ込め、大阪市が申請者囲い込み(読売新聞)
光ファイバー受注カルテル認定 4社に課徴金160億命令へ 公取委(産経新聞)
普天間で解散、衆参同日選も…自民・大島氏(読売新聞)
<首長新党>18日旗揚げ 杉並区長が代表に(毎日新聞)
国会議員と患者関係者でがん対策勉強会(医療介護CBニュース)

<武雄市長選>樋渡氏が3選 佐賀(毎日新聞)

 武雄市長(佐賀県)樋渡啓祐氏(40)が3選。元県職員の谷口優氏(63)を破る。投票率は79.20%。

当18170 樋渡啓祐=無現<3>

 13718 谷口 優=無新<民>

<中国政府>日本人3人死刑執行通告 外相、駐日大使に懸念(毎日新聞)
生徒自殺後すぐ原因調査を 対応マニュアル、小中高に配布 文科省(産経新聞)
<両陛下>静養で静岡入り(毎日新聞)
<米軍>沖縄で模擬ミサイル付属部品落下 F15戦闘機から(毎日新聞)
給食パン、原則米粉入りに=県レベルは全国初-岡山県(時事通信)

アタマジラミ再び増加 目の細かい専用くしが効果的(産経新聞)

 人の頭髪に寄生するアタマジラミが最近、再び増えている。特に小学校低学年以下の子供と家族は要注意で、専門家は「家庭はもちろん、保育園や学校の対応が大切」とアドバイス。成虫や幼虫には駆除剤のシャンプーが使われるほか、目の細かい専用のくしなら卵も含めて効果があることが、民間機関の実験で示された。(草下健夫)

 ◆誤解が流行に

 「アタマジラミでの受診が非常に増えている。例えば保育園で流行(はや)り、兄弟に移って家族や小学校に広がったりしている。幼児は頭をくっつけて遊ぶので、集団発生につながっているようだ」。高野医科クリニック(東京都葛飾区)の畑三恵子院長(皮膚科)は現状をこう分析する。

 流行を防ぐには、保育園や幼稚園、学校の対応が肝心だ。1人にシラミがいたら、早急に保護者に「感染者が出たので、家庭で子供の頭を見てください。異変があれば、すぐ皮膚科へ」とのプリントを配り、注意を促すことが望まれる。

 畑院長は「意識の高い先生は全員の頭をチェックして皮膚科受診を勧めており、治りが早い。逆に先生によっては不潔が原因だと勘違いし、告知が遅れて広がってしまう」と指摘する。

 感染しても通園通学してよいが、「帽子やマフラーの貸し借り、友達の家での宿泊、頭を着けるような遊びは控えさせる。プールの水からシラミが移ることもあり、プールは禁止」。

 シラミと似ていても、ヘアーキャストというフケの一種が髪に付いていることもあり、まずは皮膚科で確認すべきだという。1人が感染したら、家族全員の受診が必要。卵の殻があったら治療を終えてよいという見解もあるが、治っていないことがあるという。

 治療には駆除剤「スミスリン」のシャンプーやパウダーが成虫や幼虫には有効で、使い方も簡単で広く使われている。ただ、シラミの卵には効果がないのに加え、最近では、駆除剤が効かない「スミスリン抵抗性アタマジラミ」も増えていると指摘されている。

 くしで髪をとかし、物理的に駆除する方法もある。効果を高めるため、一般的なくしの場合は目にガーゼをはさみ込んで髪をとかすとよい。「駆除剤に加え、目の細かいくしも併用できれば効果的」と畑院長。

 ◆「卵にも有効」

 民間調査機関「エフシージー総合研究所」(品川区)がネット通販などで売られているアタマジラミ駆除用のくし2種類を実験し、昨年12月に結果をまとめた。人の頭髪のカツラにのりを吹きつけ、シラミの卵に見立てた砂を接着。くしのうち、「Lice Meister」で100%、「Nit Free」も99・06%除去できたという。

 同研究所は「これらの駆除用のくしの目は0・1~0・2ミリ、アタマジラミの卵は0・5ミリ程度で、卵も駆除できる」としている。

【関連記事】
髪の健康に注目、節約志向狙い ヘアケア商品相次ぎ登場
日本の「清潔度」17位に改善 NGOの「汚職指数」調査
ふさふさ・きれい? 首相の髪形、支持率62%
シーツ交換、ガマンの限界は? 年代で大きな差
長澤まさみ、役作りで髪バッサリ30センチ

谷垣氏、全国行脚終える 低い浸透度…効果のほどは?(産経新聞)
秘書仲間から疑問も 勝場被告、20年来の「金庫番」(産経新聞)
宅八郎氏を起訴猶予 脅迫容疑で書類送検(産経新聞)
郵貯限度額2千万で決着…亀井・原口案が軸(読売新聞)
<懲戒処分>消防長、知人女性に「延焼中」メール(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。