スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義姉刺殺、おい2人にけがさせ放火…男を逮捕(読売新聞)

 25日午後5時30分頃、岡山県倉敷市林、会社員大崎利章さん(45)方で、妻の峰子さん(38)が血を流して倒れていると、近所の男性から110番があった。

 長男の中学生(14)が背中を切られ、次男の小学生(7)も耳にけがをしていた。

 大崎さん宅の居間から火が出ており、男性らが峰子さんら全員を屋外に出した。

 峰子さんは病院に運ばれたが、背中を刺されており、同6時40分頃、死亡が確認された。中学生と小学生の兄弟は軽傷。火は居間を焼いて消えた。

 同署などによると、同居している大崎さんの弟の会社員(43)が軽ワゴン車で走り去った。緊急配備中の同署員が同7時55分頃、倉敷市内で車を発見、殺人容疑で緊急逮捕した。

約3万体のひな人形=徳島県勝浦町〔地域〕(時事通信)
新幹線ホームから線路侵入、歩いた女は黙秘(読売新聞)
寺島しのぶさん ベルリン映画祭で最優秀女優賞を受賞(毎日新聞)
<家裁怠慢訴訟>原告の主張認め国に賠償を命令 東京地裁(毎日新聞)
長崎知事選敗北を陳謝=「政治とカネ、プラスに働かず」-小沢氏(時事通信)
スポンサーサイト

GHや通所などの新規開設加速へ―セントケアHD(医療介護CBニュース)

 セントケア・ホールディングは2月19日、決算説明会を開き、同社の森猛専務が今年度は2か所にとどまった「施設系サービス」拠点の新規開設について、来年度は14、15か所とする意向を示した。

 森専務によると、来年度開設する拠点の内訳は、グループホームが5、6か所、通所介護が5か所、小規模多機能型居宅介護が4か所になるという。また、2011年度については20か所、12年度は8か所の新規開設を想定しているとした。

 また森専務は、介護サービス事業で3000人規模としていた今年度の新規職員の採用について、2500人程度になるとの見通しを示した上で、来年度も今年度と同程度の採用数を維持する意向を示した。

■小規模多機能、第3四半期に初の黒字化
 また同社は、小規模多機能型居宅介護の損益について、営業強化などにより第3四半期(09年10-12月期)の売上総利益が400万円の黒字になったと発表した。森専務によると、07年に旧コムスンから事業を承継して以降、四半期ベースで初の黒字だという。


【関連記事】
稼働率向上で営業利益52%増―セントケアHD4-9月期
全般的に業績改善、2ケタ増収企業も-介護上場の4-9月期決算
介護大手、多くが増収に―第1四半期決算
介護サービス上場企業、採用拡大進む
ヘルパー中心に今年度3千人採用へ-セントケアHD

普天間移設に本腰、官房長官が水面下調整(読売新聞)
五輪スピード 高木選手「空回り」 岡崎選手「次」に意欲(毎日新聞)
幼稚園狙い盗み、男逮捕=「夜人おらず入りやすい」-北海道警(時事通信)
<中国映画>道東が舞台のストーリー 北海道9市で上映(毎日新聞)
買い物客に暴走車突っ込み7人けが 駐車操作誤る 広島・福山(産経新聞)

天皇公的行為でルール設けず=政府見解「現実的でない」(時事通信)

 憲法に明記されていない天皇陛下の公的行為に関し、鳩山内閣がまとめた政府見解の全文が25日、分かった。公的行為の内容は広範にわたるとして、天皇の政治利用を避けるための「統一的なルールを設けることは、現実的ではない」と指摘。個々の行為の性格や国民の期待などを考慮して、実施の是非を判断すべきだとしている。
 平野博文官房長官は同日午前の記者会見で、政府見解は自らが作成し、衆院予算委員会の理事会に提出したことを明らかにした。また、作成に当たり内閣法制局の審査は受けなかったと説明した。
 政府見解は、公的行為として(1)外国賓客の接遇(2)外国ご訪問(3)国会開会式への出席とお言葉(4)新年一般参賀へのお出まし(5)全国植樹祭や国民体育大会へのご出席-を例示。「さまざまなものがあり、それぞれの公的行為の性格に応じた適切な対応が必要となる」と言及した。
 内閣の関与については、「助言と承認は必要ではない」とする一方、「公的行為が憲法の趣旨に沿って行われるよう配慮すべき責任を負っている」として、従来の政府見解を踏襲した。 

小沢氏らの国会招致要求=応じなければ審議拒否-自民(時事通信)
草津温泉が一番人気 「みんなで選ぶ 第2回温泉大賞」(産経新聞)
ダン・ブラウンの新刊が来月登場(産経新聞)
大阪府医師会長に“民主寄り”伯井氏初当選 日医会長選に影響(産経新聞)
予算委員長解任案を否決へ=公明は賛成-衆院(時事通信)

日医会長選、現職の唐澤氏が出馬表明(医療介護CBニュース)

 日本医師会長の唐澤祥人氏は2月20日、東京都千代田区内で記者会見を開き、4月1日に予定されている日本医師会長選への出馬を表明した。唐澤氏はこれまで2期連続当選しており、3選を目指す。会長選ではすでに、茨城県医師会長の原中勝征氏と京都府医師会長の森洋一氏が出馬を表明している。

 選対本部事務所の開所式であいさつに立った唐澤氏は、国民医療を守るためには医療専門職種が十分に活動できる環境を作るべきとして、「これを務めさせていただけるのは私以外にいない。今こそ私にしばらく任せてほしい」と訴えた。また、「いつでもどこでも誰でも医療を必要としている人に現代医学の医療レベルがリーズナブルに提供される。これが、国民が一番期待していることだと思う」と国民皆保険制度を守る必要性を強調。さらに、新人医師や中堅医師の意見を吸い上げ、女性医師が働きやすい医療体制を作るべきとし、「医師、看護師、さまざまな専門職種の思いを受け止めて日医を運営していくことが大事」と述べた。

 続く記者会見の席上、民主党とのパイプが無いとの指摘に対し、かつて政権与党だった自民党と強く連携していた時代でも診療報酬のマイナス改定があったとして、「与党とパイプがあれば必ずプラス改定になることはないと歴史的に証明されていると思う」と述べた。今後の民主党との関係については、「党の医療担当者にわれわれの政策を説明していきたい」とした。

■「キャビネット選挙」はしない-唐澤氏
 一方、選挙の手法については、会長選に出馬した陣営が執行部の役員候補リストを提出する「キャビネット選挙」はしないとの考えを明らかにした。また、当選した場合の今夏の参院選への対応について、日本医師連盟が推薦している西島英利参院議員(自民)以外の候補者が出る可能性もあるとして、「彼を含めた形で進行すると思う」と述べた。
 鈴木聰男・選対本部長は、「今までの政党との関係は、もうここで新しい時代になると思う。まったく新しいやり方で日医を進めなければいけない」と述べ、従来とは異なる方法で政策提言などを行う考えを示した。その上で、「過去どういう失敗や成功をしたかを知っているのは、これまで4年担当した唐澤会長しかいない」とその実績と経験を強調した。

 この日の開所式には、全国の日医会員ら約280人が参加。北海道医師会の長瀬清会長らが唐澤氏を激励した。

 唐澤氏は東京都出身。1968年3月に千葉大医学部を卒業し、69年1月、唐澤医院(墨田区)を開業。2003年4月に東京都医師会長、06年4月に日本医師会長に就任した。


【関連記事】
日医会長選、京都府医の森会長が出馬表明
日医会長選、茨城・原中会長がマニフェスト発表
日医代議員制のあり方で意見噴出
日医・唐澤会長「包容力が欠けていた」
日医連、「政権与党である自民党」支持方針を撤回

<総務省>年金業務監視委を設置…機構の業務チェック(毎日新聞)
警視庁職員を現行犯逮捕=女児の頭殴り、抱き上げる-千葉県警(時事通信)
ドクターヘリ 医師の養成支援…NPOが4月に基金創設(毎日新聞)
英語出会い系で在日女性誘拐 国外から言葉巧み(産経新聞)
J&J元代表を脱税で在宅起訴(産経新聞)

<雑記帳>横浜港に停泊のフェリーで青森県の物産展(毎日新聞)

 12月の東北新幹線全線開業に向け、横浜港に停泊した津軽海峡フェリー(北海道函館市)のフェリー「ナッチャンWorld」(1万715トン)の船内で19、20日、青森県の物産展が開かれる。

 全長112メートルの双胴型で、車を満載しても時速36ノット(約65キロ)を出せる世界最速クラスのフェリー。08年に青函航路に登場したが、燃料高騰などで5カ月後に運休し、今はほとんど函館港で眠っている。

 近未来型の外観は人気も抜群。物産展の企画に参加した会社の担当者は「高速時代に入る青森を、最新鋭の船でまるごと味わって」と、“はやて”のような高速船の再活躍に期待している。【後藤豪】

【関連ニュース】
フェリー座礁:漁自粛の紀南漁協 24日にも再開へ
宇高航路:3月廃止 100年の歴史に幕
北九州市:釜山と門司間、5月に新フェリー就航
宇高航路:来月廃止、100年の歴史に幕
国際フェリー定期便:韓国・釜山と北九州・門司間、5月に新フェリー就航

国民新党が「県内」移設2案を政調会合で了承(産経新聞)
公共施設の全面禁煙通知へ=飲食店や娯楽施設も-厚労省(時事通信)
捕鯨船妨害は遺憾=前原国交相(時事通信)
<民主党>「政調」復活要望へ…田中真紀子氏ら(毎日新聞)
将棋 王将戦第4局開幕 先手の羽生が角道を開ける(毎日新聞)

住宅火災で7歳男児死亡 大阪・松原(産経新聞)

 21日午後4時5分ごろ、大阪府松原市河合の木材加工業、小谷正司さん(47)方から出火、鉄骨3階建ての作業場兼住宅延べ約460平方メートルのうち、3階の住居部分約130平方メートルが焼けた。和室から長男、龍司君(7)が救助され、病院に運ばれたが、まもなく死亡が確認された。小谷さんは煙を吸い込んで軽症。

 松原署によると、台所付近が激しく燃えているといい、同署で出火原因を調べている。

 小谷さん方は妻(45)と長女(9)の4人暮らし。出火当時、長女は外出中、小谷さんと妻は就寝中で、煙に気付いて避難したという。

 現場は近鉄南大阪線布忍(ぬのせ)駅の南約1キロの住宅街。

【関連記事】
お手柄相撲部員 民家火災で4歳児救出 京都
幼児のライター遊び原因か 東京・練馬の幼児2人死亡火災
「自暴自棄に…」寮に放火容疑で作業員逮捕
「音うるさい」と放火か 元アパート住人の男逮捕 愛知
走行中の観光バスから出火 運転手が消し止める

飲食店・ホテルも全面禁煙に…厚労省が通知へ(読売新聞)
<長岡京>よろいの部品、内裏跡から出土(毎日新聞)
大阪・都島区でアパート火災、男性2人死亡(読売新聞)
鳩山邦夫氏と与謝野、園田両氏が会談 今後も定期会合(産経新聞)
<プルサーマル計画>佐藤知事、福島第1原発3号機に導入へ(毎日新聞)

<消費者庁>英会話教室で虚偽勧誘、業者に業務停止命令(毎日新聞)

 虚偽の内容で英会話教室の勧誘をしていたとして、消費者庁と東京都は18日、「FORTRESS,JAPAN(フォートレスジャパン)」(東京都新宿区)に対し、特定商取引法(不実告知など)に基づく6カ月の業務停止命令を出した。

 消費者庁などによると、F社は、同区や大阪、福岡などで五つの教室を展開する運営会社から勧誘や契約業務を受託。遅くとも08年春ごろから、予約が必要な定員制授業(10人)にもかかわらず、「いつでも無制限に受講できる」とのうそを交えて勧誘した上、断られると「この場で決めないと後悔する」などと迫る迷惑勧誘行為をしていた。調査に対し、F社は違反を認めているという。

【関連ニュース】
充電器商法:7万円の装置を50万円で販売 逮捕の経営者
携帯充電器商法:販売会社元幹部ら8人逮捕 大阪府警
充電器マルチ商法:8人を逮捕 別会社でも解約妨害容疑--大阪府警
充電器マルチ商法:19日に被害者説明会--草津 /滋賀
薬事法違反:代理店の代表ら、容疑で再逮捕--県警など /徳島

防衛力懇談会を設置=新大綱・中期防を検討-政府(時事通信)
「検察の捜査に勝るものない」=小沢氏、政倫審出席に否定的(時事通信)
薬害防止の第三者委員会設置へ=作業部会が合意-厚労省(時事通信)
社民党首、普天間移設先の県外候補地は明示見送りも(産経新聞)
【党首討論】小沢氏らの証人喚問を要求、自民・谷垣氏(産経新聞)

<厚労省>研修医高給に歯止め 年720万円以上補助金減額(毎日新聞)

 大学医学部を卒業して2年以内の初期臨床研修医の給与に差がありすぎるとして、厚生労働省は11年度から、年720万円以上の給与を払う研修病院には補助金を減額する方針を固めた。17日開かれた医道審議会部会に諮り、了承された。厚労省は研修医の給与の目安を年360万円としており、医師不足を背景にした過度の厚遇に歯止めをかけることにした。

 04年度から制度化された初期臨床研修は、質の向上のため、研修医の他病院などでのアルバイトを禁じる一方、月30万円の収入が保証されるよう設計された。厚労省の09年度調査では、研修病院1072施設の1年目の平均給与は年410万円だったが、700万円以上も26施設あった。最高は1075万円で、最低の204万円と5倍以上の差がある。

 このため11年度からは、基本給が目安の2倍を超える病院に対し、研修医1人当たり百数十万円になる補助金を一定額減らすことで、格差の是正を図る。一方で給与が年360万円に満たない病院への対応も今後議論する。厚労省医師臨床研修推進室は「研修医確保の努力は否定しないが、制度の趣旨を逸脱するような高額化は避けたい」としている。

 また、今年度の募集から設けられた都道府県別の定員上限について、定員を一気には減らさない激変緩和措置を11年度も続けることも、同部会で了承された。【清水健二】

【関連ニュース】
児童虐待:防止に文科省と厚労省が会議 欠席情報共有へ
郵便不正事件:厚労省元局長、無罪を主張 大阪地裁初公判
厚労省:薬害防止へ監視組織…有識者会議提言、設置準備へ
高校授業料:滞納分を無利子で融資 厚労省が特例で
全国建設工事業国保組合:本部に立ち入り検査…都と厚労省

<ソフトバンク>「王貞治ミュージアム」7月開館(毎日新聞)
護送中の容疑者、一時逃走=手錠から両手抜く-兵庫県警(時事通信)
民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か-宮崎(時事通信)
長谷川等伯展 展示作業行われる 東京国立博物館(毎日新聞)
解体工少年から「罪をかぶれ」17歳少年が供述…石巻3人殺傷(スポーツ報知)

がんの悩み共有 「がん患者・家族会」13日発足(産経新聞)

 がん治療の情報や闘病の悩みを共有しようと、大阪府吹田市内の患者や家族の有志らが13日、「吹田がん患者・家族会」を発足させる。市内の患者や家族だけでなく、市外在住者や友人なども入会が可能。発起人で、府緩和ケア推進委員会委員を務める小澤和夫さん(75)は「患者や家族のネットワークを構築したい」と話している。

 患者・家族会は、がん治療や在宅ケアをテーマに月1回の勉強会を開き、啓発活動を続けている「吹田ホスピス市民塾」の活動の一環として行われる。

 患者・家族会では、がんとの闘病に必要な知識、情報の共有化や、患者のQOL(生活の質)の向上を目的とし、月1回の定例会で会員の悩み相談に応じる。

 小澤さんによると、吹田市内でがんで亡くなる人は年間約760人で、約1500人が新たにがんにかかっている。

 市民塾にはこれまで、「がんと診断されたが、どうすればいいか」「在宅ケアができる診療所を探している」などの相談が寄せられていたが、継続的に対応できていなかったため、相談の受け付けと情報提供を行う新たな組織を発足させることにした。当面、がん治療を行う病院の情報を提供したり、患者や家族が苦しみや悩みを話し合う場を設ける。

 小澤さんは「(がんを宣告された患者や家族が治療法を選択する)『セカンドオピニオン』という言葉もまだ浸透しているとはいえない。根拠のないインターネットの情報に振り回されている患者も多い。大阪府内のほかの患者団体とも連携しながら、正しい情報を共有することにつながれば」と話している。

 発足式は13日午後2時から、吹田市出口町の男女共同参画センターで開かれる。年会費1200円。問い合わせは小澤さん((電)06・6388・6257)へ。

【関連記事】
末期の腎臓がん克服…命の大切さ訴え続け 俳優・小西博之さん
悔い無き最期、迎えるために 求められる「死の予習」
治らない「胃痛」 薬は症状に合わせて服用を
健康診断、より正確に!血液検査の関連遺伝子46個を発見 
慢性骨髄性白血病進行抑制の抗がん剤、厚労省が公的助成を検討へ

高木美帆選手 姉の菜那選手が世界ジュニア代表に(毎日新聞)
<訃報>滝井禧夫さん74歳=元北海道テレビ社長、同相談役(毎日新聞)
臓器移植あっせん、金沢大以外でも接触情報4件 厚労省調査(産経新聞)
桜の開花日 木・金に集中…なぜ? 東京、気象会社分析(毎日新聞)
「子に会わせず、姉が邪魔」=少年が逆恨みか-事件直前、周囲に・石巻3人殺傷(時事通信)

「委員長個人からの資金」=民主・小林氏側会計担当、地検聴取に(時事通信)

 民主党の小林千代美衆院議員(41)=北海道5区=側が、北海道教職員組合(北教組)から選挙資金を違法に受け取ったとされる事件で、小林氏の資金管理団体の会計担当の男性(46)が札幌地検の任意聴取に「北教組の組織からではなく、当時の委員長個人から資金提供を受けた」などと供述していることが17日、関係者への取材で分かった。
 小林氏側関係者によると、陣営は2008年12月以降、北教組側から計1600万円を受領した。札幌地検は、提供額が高額なことなどから、企業や団体が政治家個人に献金することを禁じた政治資金規正法違反に当たる疑いがあるとみて捜査している。 

【関連ニュース】
「表に出せない金、記載せず」=民主・小林氏資金団体の会計担当者
「全く存じ上げない」=北海道教組の資金提供
小林氏陣営、衆院選前に困窮=北教組、提供は1600万円
民主・小林議員に違法献金か=北海道教組を捜索
12年度完全実施、先送りも=首相が言及

与党が「個所付け」資料提出拒否 自民は審議拒否も(産経新聞)
「首相は平成の脱税王」自民・与謝野氏が批判(読売新聞)
税の恩典があり、確実にもらえる 国民年金基金のメリット強調していきたい 国民年金基金連合会 松本省藏理事長に聞く(J-CASTニュース)
授業料滞納世帯に無利子貸し付け=高校生の今春卒業を支援-厚労省(時事通信)
<ラジオ13局>ネットで番組配信本格化へ(毎日新聞)

桜の名所、人気トップは吉野山=知りたい情報は「満開日」-ウェザーニューズ調査(時事通信)

 桜の名所で行ってみたいのは吉野山、気になるのは満開日-。民間気象会社ウェザーニューズは12日、桜に関する意識調査の結果を発表した。名所では、奈良県の吉野山(奥千本)が圧倒的な支持を集め、2位以下に大差をつけた。
 調査は同社の携帯サイト利用者を対象に実施、約6万4000人の有効回答を集計した。
 行ってみたい桜の名所が「ある」と答えた人(約3万4000人)に、その名所を挙げてもらったところ、1位は吉野山(奥千本)で7021票を獲得。2位は長野・高遠城址公園4211票、3位は青森・弘前公園3806票、4位は京都御苑(イトザクラ)3462票、5位は東京・上野公園2401票だった。
 開花日など桜に関するどんな予想情報が欲しいか(複数回答)では、「満開」が4万5464人で圧倒的トップ。次いで「桜吹雪」2万7825人、「五分咲き」2万6000人、「1輪開花」2万226人の順で、桜の開花の目安とされる「5~6輪咲き」(1万4288人)よりも最初の1輪が咲く日の方がニーズが高かった。 

【関連ニュース】
桜開花、平年より早め=ウェザーマップ、初の発表
年中楽しめるサクラ開発=開花に冬の寒さ要らず
桜の開花予想を終了=「民間が充実」と気象庁-54年の歴史に幕
〔地球の風景〕和装で楽しむSAKURA=米国

「せきがうるさい」に立腹、同室の入院患者刺す(読売新聞)
就職氷河期も学生の額に汗 池袋・サンシャインで企業説明会(産経新聞)
<公務員改革>次官・局長の部長級への降格容易に…政府方針(毎日新聞)
<衝突>国道で2台 軽の3人重体 秋田(毎日新聞)
<岸田國士戯曲賞>柴幸男さん「わが星」に(毎日新聞)

婚姻届のため秋田に帰省、カップル事故死(読売新聞)

 9日午後6時頃、秋田県湯沢市秋ノ宮の国道108号で、近くの団体職員高橋嘉之さん(50)の乗用車と、同市桑崎、会社員高橋舞さん(25)の軽乗用車が衝突した。

 舞さんの兄で神奈川県箱根町二ノ平、会社員高橋洋さん(27)と、埼玉県川越市霞ヶ関北、会社員槙野美香さん(31)が死亡、舞さんが意識不明の重体。舞さんの小4の弟(10)が軽傷を負った。

 湯沢署の発表によると、現場は見通しの良い片側1車線の直線道路で、事故当時は路面が凍結していた。

 洋さんと槙野さんは婚姻届を出すため湯沢市の洋さんの実家を訪れていた。4人は、現場近くの温泉に行き、帰る途中だったという。

<人事>警察庁(15日)(毎日新聞)
普天間移設「受け入れは困難」…グアム知事(読売新聞)
「崖の上のポニョ」、関東で29.8%(時事通信)
鳩山首相、「六幸商会」の株手放す(産経新聞)
自殺の容疑者を書類送検=離婚めぐり夫婦間で対立-居酒屋発砲事件・大阪府警(時事通信)

「全国最少人口」南アルプス・早川町においでよ! 町民“お手製”公式ガイドが反響(産経新聞)

 南アルプスの山懐に抱かれた山梨県早川町の風土や文化、歴史、観光スポットなどを紹介する「早川フィールドミュージアム公式ガイドブック」(全12冊)が完成した。全国の町で最少という1366人(1月1日現在)の人口のうち、100人以上の町民が編集や制作に携わった。イラストから文章執筆まで郷土愛のこもった“お手製”の冊子は町内の観光施設などで販売され、反響を呼んでいる。

 ガイドブックは富士川支流の早川上流域に位置する町の風土、歴史などを博物館、美術館になぞらえ、町民と観光客が価値を再発見しようと同町が進める「フィールドミュージアム」構想の一環で作られた。

 町から編集、発行を委託された同町のNPO法人「日本上流文化圏研究所」が町内の6地区ごとに募った制作委員58人が実際に集落を歩いて“お宝”を探して回り、歴史などに詳しい地域の古老らも協力。平成19年秋から2年以上をかけて12冊にまとめた。

 身延山から七面山に向かう参詣客の宿場として栄えた本建地区の赤沢の町並みと旅館、最盛期に100人を超す硯(すずり)職人がいたという硯島地区の「雨畑硯」のほか、明治期まで早川舟運の終着点となった都川地区のつり橋「都橋」など、厳選した195項目をイラストを交えて紹介。町内の旅館や温泉、キャンプ場などで使えるクーポン券も付けた。

 同研究所主任研究員の鞍打(くらうち)大輔さんは「町の魅力が町民の手で一つの記録にまとめられたことが意義深い」と話し、制作に携わった町民からは「地域資源の再発見につながった」「やってよかった」といった感想が聞かれたという。

 また、表紙に「町民が取材した手づくりのガイドブック めたきけし」とあり、鞍打さんに「めたきけし」の意味を尋ねると「たくさん聞きなさい」という甲州弁なんだとか。鞍打さんは「町を歩いて分からないことはどんどん町民に聞いて、早川を楽しんでほしい。観光活性化や、郷土愛をはぐくむツールとして、ガイドブックの積極的な活用を図りたい」と話している。

 A5判で一冊300円。郵送販売も行っている。問い合わせは、同研究所(電)0556・45・2160。

【関連記事】
長野県上田市、アニメで初の町おこし 城下町の歴史、肌で感じて
エヴァンゲリオンで町おこし…箱根に“使徒”襲来?
超リアル! 青森にガンダム出現 赤い彗星も…
映画「おくりびと」の地元、あの手この手で盛り上げ 山形・酒田市
巨大ひな壇に人形3万体 徳島でビッグひな祭り

【話題の本】『あねチャリ』川西蘭著(産経新聞)
【十字路】大だるま設置 「三原神明市」(産経新聞)
車内での嘔吐叱られ立腹 タクシー運転手に暴行の男逮捕(産経新聞)
拉致問題「実行犯引き渡し項目」削除めぐり波紋(産経新聞)
<神奈川歯科大詐欺>元理事の被告 一部無罪主張 初公判で(毎日新聞)

<ワコール>就職希望学生のメルアド、194人分表示し送信(毎日新聞)

 大手婦人下着メーカーのワコールは10日、就職希望学生向けの会社説明会の案内文を、学生194人分の携帯電話のメールアドレスが表示されたままの状態で誤って電子メールで送信したと発表した。採用担当者が送信先のアドレスを隠す操作を忘れたため。現時点でアドレスの不正利用などトラブルの報告はないという。同社は学生に謝罪するとともに、メールの削除を求めている。

 同社によると、メールは1月27日から今月8日までの間に計3回送信された。採用担当者が8日、インターネットのウェブサイトで問題のメールに関する投稿を見つけ、発覚した。問い合わせはお客様センター(0120・056・023)。【清水直樹】

難病の肺動脈性肺高血圧症 薬高額…健保組合の財政直撃(産経新聞)
大丸神戸店の現場も確認=高級腕時計窃盗で香港捜査員(時事通信)
福祉サービス拠点に 都立梅ケ丘病院跡地、世田谷区が取得へ(産経新聞)
<平野官房長官>個所付け事前通知で陳謝(毎日新聞)
<衝突>国道で2台 軽の3人重体 秋田(毎日新聞)

<卒業危機>高校生ら厚労相らに要望 生活苦学費滞納問題(毎日新聞)

 生活苦による学費滞納で高校を卒業できない「卒業クライシス(危機)」が起きないようにと、高校生らが9日、長妻昭厚生労働相と高井美穂文部科学政務官に緊急要望書を提出した。

 民主党有志が国会内で開いた集会で大阪府立と埼玉県立の定時制高校の女子生徒らが、自分や友人の生活状況などを訴えた。そのうえで、「経済的理由による学費滞納で卒業させられない高校生が一人も生まれないようにしてください」などと記した要望書を2人に渡した。

【健康】治らない「胃痛」 薬は症状に合わせて服用を(産経新聞)
<センター試験>英語の平均点118.14点 昨年より高く(毎日新聞)
「引退当然」「活躍励み」思い多様 朝青龍関引退(河北新報)
運転のブラジル人、公開手配=フリーダイヤルも設置-名古屋ひき逃げ・愛知県警(時事通信)
<鳩山首相>小沢氏の幹事長続投、改めて容認(毎日新聞)

橋下知事、府の商品券で買いたいのは「米」(産経新聞)

 午前9時47分 登庁し報道陣の取材に答える。17日に発売する府のプレミアム付き商品券を家族分購入するかと、聞かれて「妻と相談して余ったら買おうかと。僕は買いたいですね」

 10時 部長会議。

 午後1時 府庁正面玄関前で、くいだおれ太郎と一緒にプレミアム付き商品券をPR。商品券を購入できたら買いたいものはと聞かれて「米」と即答。「最近ものすごく(7人の子供の)食う量が増えているので」

 2時 知事室で報告を受けるなどする。

 3時45分 府福祉基金に寄付をした延田エンタープライズなどに感謝状を渡す。

 4時 知事室で打ち合わせ。

 8時5分 退庁。

【関連記事】
橋下流2年 遠のく財政再建、権限に限界も?
小泉首相並み人気?橋下メルマガ100号 都道府県トップ読者数
橋下知事「民主党は理念ない。うそ八百だ」 参院選にも言及
5法人へ貸付金1泊2日返済で赤字隠し 大阪府、計850億円
橋下知事「命かけ伊丹空港に反対。国交相は理念ない」

自民・大島氏「倫理観ゼロ」 石川被告の離党・辞職否定で(産経新聞)
神奈川県教委、不起立教員の氏名収集を継続(産経新聞)
<火災>熊本の住宅全焼…7男3女の大家族(毎日新聞)
温室効果ガス25%削減で3案提示 政府の「行程表」論議スタート(産経新聞)
21日にシンポジウム「がん医療従事者へのメッセージ」(医療介護CBニュース)

男性胸切られ死亡=車に助け要請、殺人で捜査-福島県警(時事通信)

 1日午後2時10分ごろ、福島県須賀川市の病院から、「胸などを切られた男性が搬送された」と県警須賀川署に届け出があった。男性は約3時間後に死亡した。男性に切り傷があったことから、県警は殺人事件とみて同署に捜査本部を設置し、本格的な捜査を始めた。
 男性は失血死とみられ、捜査本部は司法解剖で詳しい死因を調べるとともに、身元確認を急ぐ。
 捜査本部によると、1日午後2時ごろ、60代の男性が須賀川市五月雨の県道を車で走っていたところ、路上を歩く男性を発見。車を止めると負傷した男性が助手席に乗り込んできた。
 乗車した男性は会話できる状況になく、市内の病院に搬送した。男性は右胸に鋭利な刃物のようなもので切られたような深い傷があり、左腕などにも刺し傷などが数カ所あった。
 男性は所持品はなく、20~30代ぐらいで、短髪で黒いセーターに紺色のジーパン姿。体に入れ墨があったという。 

【関連ニュース】
新聞配達女性、死因は窒息=殺人で捜査本部
女性配達員殺される=首に絞められた跡
看護師殺人未遂が時効=私的懸賞金も、有力情報なく
強盗容疑で37歳男を逮捕=郵便局で500万奪う
焼け跡の女性遺体に刺し傷=胸など数カ所、殺人で捜査

<マサイキリン>大きな赤ちゃん、すくすく-静岡(毎日新聞)
岡田外相、10日に訪韓へ(産経新聞)
<陸山会土地購入>小沢氏不起訴の方向で検討 東京地検(毎日新聞)
国側が控訴断念=知的障害者の年金不支給訴訟(時事通信)
陸山会事件 石川議員、保釈 報道陣の問いには答えず(毎日新聞)

<鳩山首相>「小沢氏は責任果たしている」(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は4日午前、資金管理団体を巡る事件で不起訴処分となる見通しの小沢一郎民主党幹事長について、「検察の聴取も受け、そこでかなり説明した。記者会見も何度も行い、本人としては知りうる限り説明責任を果たしていると思っている」と述べた。首相公邸前で記者団に語った。

 ただ、首相は「国民の皆さんがどこまで理解されるか、当然いろいろある。これからも必要が生じれば本人から説明するのではないか」とも指摘した。【朝日弘行】

【関連ニュース】
鳩山首相:小沢氏の幹事長続投、改めて容認
参院代表質問:首相、新たな移設先選定を強調 普天間問題
節分:鳩山首相の「鬼」は不景気…早く飛んでゆけ
参院代表質問:「同志」発言で鳩山首相が答弁
鳩山首相:小沢氏報道「冷静に見守る」

「鬼は大阪市長」 橋下知事、豆まきで宣戦布告(産経新聞)
トヨタ社長、品質問題で陳謝=「プリウス」は早急な対応指示(時事通信)
<インサイダー取引>GWG子会社元会長に実刑判決(毎日新聞)
<廃ポリタンク漂着>今冬は昨年同期並み 18道府県で確認(毎日新聞)
<北海道漁船銃撃>露外務省に抗議(毎日新聞)

少女2人にわいせつの疑い 巡査長を逮捕(産経新聞)

 少女2人にわいせつな行為をしたとして、神奈川県警少年捜査課などは2日、東京都青少年健全育成条例違反容疑で、埼玉県警所沢署警備課の巡査長、高木直人容疑者(28)=埼玉県所沢市緑町=を逮捕した。県警によると、高木容疑者は「性的欲求に負けた」と供述しているという。

 県警の調べによると、高木容疑者は昨年10月11日、東京都北区のホテルで、横浜市に住む私立中3年の15歳の女子生徒2人にわいせつな行為をするなどした疑いが持たれている。

 県警によると、高木容疑者は女子生徒とインターネットの掲示板で知り合った。女子生徒の制服姿や水着姿などをデジタルカメラの動画で撮影し、現金を渡していたという。女子生徒の母親が多額の現金を持っていることを不審に思い、同署に相談して発覚した。

 所沢署の生明(あざみ)実副署長は「当事者とご家族には大変申し訳なく、おわびする。再発防止を図り、県民の信頼回復に努める」とコメントした。

【関連記事】
「胸を触らせて」と女性巡査にメール セクハラで巡査部長停職処分 兵庫県警
駅ホームの柱に放尿 警視庁巡査部長逮捕 「電車内で我慢できず」
強制わいせつ容疑で埼玉県警巡査を逮捕「避けられたと思い腹が立った」
下着盗の元巡査を懲戒免職 トイレのぞきは減給 兵庫
女子中生にわいせつ巡査、懲戒免職 埼玉県警

<陸山会事件>民主党内からも批判(毎日新聞)
南硫黄島北海域で白煙=海底火山活動か-3管(時事通信)
石川議員起訴なら辞職勧告案=提出で一致-自公国対委員長(時事通信)
<陸山会事件>9億円は口座入金なし(毎日新聞)
禁煙地区で喫煙、試験で不正→市職員2人処分(読売新聞)

厚労省の反論は説明不足―「実質ゼロ改定」報道で日医(医療介護CBニュース)

 日本医師会の中川俊男常任理事は2月4日の定例記者会見で、来年度の診療報酬改定率が「実質ゼロ改定」だとする一部報道に反論する形で厚生労働省が出した見解について、説明不足だと指摘した。また、「報道があるまで、厚労省自身が薬価改定の経緯、内容について明確な説明を行ってこなかったことも問題」との認識を示した。

 厚労省は1日、「2010年度診療報酬改定の改定率について」と題する見解を発表した。見解は、長期収載品の薬価引き下げによる財源約600億円が10年度の診療報酬改定率に盛り込まれていないことから、実質ゼロ改定だとする一部報道を受けたもので、「従来から後発医薬品の促進、すなわち、『先発から後発品への置き換え』による財源は、本来的に医療機関の収入とみなされるべきものの減少につながる訳ではないことから、一貫して、診療報酬改定の財源とはしてこなかった」などと説明している。
 これに対し中川常任理事は、「基本方針2006」が示されてからの予算編成は「社会保障費2200億円の削減が大原則であった」と指摘。その上で、08年度の予算では、薬価・材料価格改定で960億円、後発医薬品の使用促進で220億円などを含め、合計で2500億円の削減額を捻出した結果、「診療報酬本体改定に300億円充当できる見込みになり、診療報酬本体は0.38%の引き上げになった」と説明した。さらに、「広い意味では後発医薬品の使用促進も診療報酬改定であった」と指摘し、厚労省の見解はこの点について説明不足だとした。

 中川常任理事は、来年度の診療報酬改定の財源について、社会保障費2200億円の削減が撤廃され、本体部分が1.55%引き上げられることについては評価したものの、「だからこそネットの改定率を正確に表現し、説明し尽くしていただけなければ、大胆な配分の見直しがなぜ必要なのか、説明がますますできなくなるのではないか」などと指摘した。


【関連記事】
「実質ゼロ改定」報道に見解―厚労省
トリアージへの診療報酬上の評価は時期尚早―日医
診療時間内で対価得られる診療報酬を-日医・中川常任理事
【中医協】10年度診療報酬改定を諮問-長妻厚労相
薬剤費の削減額は当初試算から300億円拡大

足湯いいね~ ほっこり観戦 大阪国際女子マラソン(産経新聞)
機長と巡視員の「協力不足」指摘=巡視ヘリの送電線接触-運輸安全委(時事通信)
【中医協】レセプト並み明細書の義務化拡大を了承(医療介護CBニュース)
鳥取不審死 運転手宅で不明前に火災 上田容疑者 一緒に飲酒、殺害計画か(産経新聞)
天王寺動物園 天王寺蕪を収穫 ゾウの糞肥料に 大阪(毎日新聞)

緊張感ゼロ“お遊戯国会”(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体の土地購入事件をめぐり、小沢氏の進退に注目が集まる中、2日の衆参両院の代表質問は、事件は「どこ吹く風?」のノンビリムード。このような緊張感ゼロの国会運営を続けていては国民の政治不信はますます高まりかねない。(坂井広志、酒井充)

                   ◇

 ■礼賛「民主の出番です!」

 「鳩山内閣が新しい政治を着実に実現していく年が今始まった。いよいよ民主党の出番が来たのです!」

 民主党の輿石東参院議員会長は参院本会議場の壇上でいきなりこう切り出した。小沢氏の「左大臣」と言われるだけに、小沢氏の事件も、鳩山由紀夫首相の偽装献金事件もなかったかのように振る舞い、夏の参院選に向け、「全力を挙げて勝利することを誓う」と気勢を上げた。

 輿石氏は、首相が「いのちを守る予算」と命名した平成22年度予算案について「バランスのとれた予算だ」、子ども手当を「高く評価したい」と絶賛した。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題などで首相発言が二転三転しているとの批判にも「的はずれな意見だ」と断じた。

 ただ、首相は別の質問者への答弁で、輿石氏の出身母体である日教組と民主党の関係について「日教組の意見に従って政策をすべて決めるわけではない」と述べ、教育の政治的中立性の重要性を説いた。どうやら礼賛の裏にある輿石氏の思いは届かなかったようだ。

 ■感激「ガンジー私も好き」

 「私は高校時代にガンジー師の自叙伝を読み、その生き方に深い感銘と影響を受けました」

 公明党の井上義久幹事長は、首相が施政方針演説でマハトマ・ガンジーの「7つの社会的大罪」を引用したことに感激し、野党であることを忘れてしまった様子。「私はガンジー師の生き方に触発され、大学入学後、セツルメント運動に参加した」と切々と自らの人生を回顧した。

 さらに井上氏は「日本が進むべき方向は『人道の先進国』だ。これこそ首相の言う『命を守る政治』が結実した国の姿だ」と同調を求めたが、首相は「命を守る平成22年度予算案は広義の人道の追求と通ずる」と言っただけで、ガンジーの「ガ」も触れなかった。

 ■「念仏説法」みなzzz…

 「1億円を超えた脱税は刑務所行きであります。首相の自覚はあるのか。言い訳をするのは見苦しい」

 参院自民党の切り札は「嫌み節」で知られる谷川秀善参院幹事長。「政治とカネ」の問題を35分にわたりネチネチ追及した。

 ところが、谷川氏が浄土真宗本願寺派萬徳寺元住職だけに、念仏のような説法に議場では居眠りする議員が続出。首相は激しいヤジにさらされることもなく、これまで同様の曖昧(あいまい)な答弁で追及をすり抜けてしまった。

「子の奪取に関する条約」日本の早期加盟要請(読売新聞)
サル ナベ、地位捨て恋に走る 新たな群れで奮闘中 大分(毎日新聞)
57歳中学教諭、校名シール付いた備品を質屋に入れ御用(スポーツ報知)
<公明党>「政治とカネ」の協議機関設置を呼びかけ(毎日新聞)
「見えてはいけない映像」傍聴席に丸見え? 急にモニターずらす弁護人(産経新聞)

元運輸部長、不起訴は不当=福知山線脱線で検察審査会-神戸(時事通信)

 2005年のJR福知山線脱線事故で、業務上過失致死傷容疑で書類送検され、神戸地検が不起訴としたJR西日本の元運輸部長2人について、神戸第1検察審査会は29日までに、不起訴不当を議決した。議決は20日付。
 事故の負傷者が昨年10月、審査を申し立てていた。
 審査会は運転士について、日勤教育を恐れ動揺していたか、列車の遅れを回復しようとしていたと判断。「過酷な日勤教育や余裕のないダイヤ編成を過失行為とはできないとした検察官の判断は再検討すべきだ」とした。
 また、元運輸部長らは、自動列車停止装置(ATS)設置の必要性を上層部に説いたり、現場カーブの危険性や制限速度の順守を運転士らに周知徹底させたりすべきだったなどと指摘した。 

【関連ニュース】
福知山線遺族ら意見陳述申し入れ=神戸検察審査会に
JR西と二鶴堂、「500系のぞみバームクーヘン」発売
駅員寝坊、シャッター開かず=客8人、始発に乗れず-JR西
JR西運転士を現行犯逮捕=女子高生のスカート内盗撮
JR西社長、「この1年が正念場」=年頭訓辞で再生の努力訴え

刑事責任なら辞任示唆=民主・小沢氏(時事通信)
答申後に意見書提出へ-診療報酬改定で日病協(医療介護CBニュース)
NYタイムズ「命に関わる問題軽視」 トヨタ、米メディアから「大逆風」(J-CASTニュース)
消費支出、5カ月連続増=昨年12月の家計調査(時事通信)
鳩山グループが「政治団体」に(産経新聞)

「たたかれて政治家成長」中曽根氏、首相を激励(読売新聞)

 中曽根元首相は28日、都内で講演し、民主党の小沢幹事長の資金管理団体を巡る政治資金規正法違反事件に関する発言などで批判されている鳩山首相について、「思慮の足らないところをジャーナリズムでうんとたたかれる過程を経て、政治家は成長する」と述べた。

 中曽根氏は小沢氏が批判を浴びることで、政治家として成長したと説明し、首相にも「いい栄養剤をもらっていると考えるのがいい。たたかれることのない政治家は結局、伸びない」と語った。

近づく“春” 熱海市でアタミザクラが見ごろ (産経新聞)
参院予算委 長妻氏が新語提案、「イクメン」「カジメン」(毎日新聞)
タウンニュース社員が相場操縦 課徴金25万円納付命令勧告(産経新聞)
ダボス会議、首相代理で出席へ=仙谷担当相(時事通信)
ハイチ大地震 国際医療チームが成田空港に帰国(毎日新聞)

羅臼漁協の漁船、ロシア国境警備隊から照明弾(読売新聞)

 北海道庁に入った情報によると、北方領土の国後島沖で29日午後1時過ぎ、操業中の羅臼漁協所属の漁船2隻が、ロシア国境警備隊のヘリコプターから照明弾とみられる発砲を受けた。

 負傷者はいないという。2隻はスケトウの刺し網漁を行っていたという。第1管区海上保安本部は同日夜、羅臼港に戻った漁船の乗組員から詳しく事情を聞いている。

代表質問の首相答弁要旨 納税者番号「1年以内に結論」(産経新聞)
後期高齢者医療制度を考える 「遺族年金非課税」の影響は?(産経新聞)
石原知事、名護市長選の結果で政府に皮肉(産経新聞)
【かんさい発 ECO応援団】林業復活へ 吉野杉PR(産経新聞)
公明、参院埼玉で独自候補を擁立へ(産経新聞)

<太陽熱発電>30年ぶり復活へ 東工大技術で低コスト実現(毎日新聞)

 太陽熱でタービンを回し発電する「太陽熱発電」計画が、国内では約30年ぶりに復活する。石油ショック後の81年、香川県で試みられたが、採算面などの理由で中止。その後、東京工業大を中心に技術改良が進み、低コストの新方式を開発した。国内有数の日照時間を確保できる山梨県北杜市に、実験プラントを建設する計画が進んでいる。【田中泰義】

 計画を主導するのは玉浦裕・東工大教授(エネルギー転換)らのチーム。「温室効果ガス排出ゼロ」を掲げて開発が進むアラブ首長国連邦のアブダビで試験を重ね、実用化が期待できる出力が得られる見通しが立った。

 太陽熱発電は発電中に温室効果ガスを出さないうえ、「太陽光発電」と違い、蓄熱することで曇天や夜間でも発電が可能だ。欧州の業界団体などによると、世界の推定総発電規模は現在、原発4基分と少ないが、50年には世界の総発電量の最大12%を占めるまでに成長すると予想している。

 アブダビでは、地上に設置した1386枚の鏡で太陽光を受け、高さ20メートルのタワーの先端に集めた後、再び鏡で地面に下ろし、その熱で特殊な溶液を500~1000度まで加熱。これを熱源にタービンを回して発電する。時々刻々と動く太陽を追尾できる独自の反射鏡を開発し、集熱効率を高めている。最大出力は100キロワットと電子レンジ200台分だが、山梨の実験プラントは約3倍の規模にし、将来的には実用に堪える100倍の出力を目指すという。

 チームによると、すでに商業化されている各国の発電コスト(トラフ型)は、1キロワット時当たりで火力発電の4倍程度とされる。

 玉浦教授は「新型はその半分を目指す。環境税が導入されれば、温室効果ガスを出す火力発電に課税されて発電コストが上がるので、両者の差はさらに縮まるだろう。エネルギーの安全保障上も重要な発電手段になるはずだ」と話す。

【関連ニュース】
太陽光発電:余剰電力買い取り、10年度の料金上乗せなし
シャープ:伊・スイスの会社と合併 薄膜太陽電池を生産
甲子園球場:「銀傘」に太陽電池パネル設置 エコ球場へ
集光型太陽熱発電
太陽光発電:買い取り費用、料金転嫁なし--来年度

<リコール>シャープの両開き式冷蔵庫97万台 扉が落下(毎日新聞)
<JR福知山線脱線>元2部長の不起訴不当議決 検察審(毎日新聞)
<静岡空港>ピンクの妖精飛来 FDA3号機がブラジルから到着(毎日新聞)
法政高教諭2人が修学旅行中に体罰、2人けが(読売新聞)
教室で同級生の財布盗む 容疑で私立高校生ら逮捕(産経新聞)

民家火災で3人死亡=小学生の長女らか-神戸(時事通信)

 28日午前2時ごろ、神戸市垂水区桃山台の保険代理業山本孝さん(52)方から出火、木造2階建て住宅約140平方メートルを全焼、隣家の一部も焼いた。山本さんの家族ら7人が煙を吸うなどして同市内の病院に搬送されたが、うち3人の死亡が確認された。
 兵庫県警垂水署によると、山本さんと同居の母和子さん(78)、長女で小学4年唯貴さん(10)と連絡が取れていない。同署は遺体の身元確認を急ぐとともに出火原因を調べている。
 山本さん方は家族6人が同居しており、妻陽子さん(42)と息子2人はけむりを吸うなどしたが命に別条はないという。また近所の住民が消火作業中に足をねんざする軽傷を負った。 

【関連ニュース】
民家火災で2人死亡=妻と長女か
民家全焼、姉妹死亡=就寝中出火か
「家族殺す」と女子中生脅す=容疑で大学生逮捕
たき火不注意で書類送検=山林火災に
桑田元投手の父、火災で死亡=誕生日に住宅全焼

作家・佐々木譲 北方領土「2世には生活の問題」(産経新聞)
元巨人桑田さんの元義兄を逮捕=架空投資話で詐欺容疑-神奈川県警(時事通信)
輸入新型ワクチン、初回出荷は山梨のみ(医療介護CBニュース)
赤信号通過のパトカー衝突=不審車追跡中、交差点で-兵庫(時事通信)
総務相、名古屋市の住基ネット離脱に反対(読売新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。